2011年06月06日

大連立で状況がかわる?

いままでまとまらなかった話が


























大連立をすることでまとまるようになるか?


























どこを向いて政治をやっとるんだ!



























恥ずかしいと思わないのだろうか
























国民は二の次で自分の党の事を第一に考えて政治活動をしていることを明らかにしている



























真に国民のことを考えて

























それで折り合いがつかなくて政治が遅くなることもあるだろう



























それが、大連立をすると滞りなく政治がすすむのか?
























納得できない


























真に国民のことを考えて政治をしていたのなら



























大連立をしようがしまいが何も変わらないでしょ

























党利が優先ということを露呈している

























恥ずかしい







posted by 炎丸 at 13:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

考える方向性

昨日だったか、こういう情報が目に留まった


























フィンランドの小学生が作った「議論のルール」



























何かと思う人はグーグル先生に聞けば色々と情報は出てくると思います





























私がこの情報に触れたときにどう思ったか

































素直にそんな小学生はすごいと思った


























そして

























ルール作りをさせていることにすごいと思った


























今の日本では与えられることが当たり前になってしまっている



























与えられることが当たり前になると、どうなるか

























与えられるものに不満を持つようになる


























傲慢というより他ないですね

























小学生のルールを調べてみて
























問題やあら探しをしている人はかなり問題です


























ここをこうするともっと良くなる、学ぶことがある、そう思える人は良い感じだと思います





























今一度考え直して欲しい


























ルールや仕組みを作り出す重要性を


























評論家も結構だが



























仕組みづくりをする人も偉いのです



























そして100点の仕組みはそうそうあるもんではないので


























批判の的になる



























批判をすることがいいことですか?



























どうすることがいいことか、今一度考え直して欲しい

























posted by 炎丸 at 12:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。